そもそも違法なダウンロードってなんでしょうか?

そもそも違法なダウンロードってなんでしょうか?

   2015/08/08

2012年に行われた著作権法改正について、ダウンロードにおける合法と違法の違いについて、いちど確認しておきましょう。




ダウンロードについて「著作権法第193条3」に定められている内容と言うのは、「違法にアップロードされたコンテンツを、違法と知りながらダウンロードをすると刑事罰か課せられる」という内容です。

さらに「違法ダウンロード」に該当するのは「著作権者に無断でアップロードされた有償の映像と音楽」となっています。

つまり一般に市販されている映画DVDや音楽CDはほとんどすべてが有償で販売されていて、それらは視聴するのにお金がかかりますので、違法にアップロードされたこれらのコンテンツをダウンロードした場合は違法ということになります。

裏を返せばテレビ番組などは、視聴するのにお金がかからないので対象外。

また漫画や小説などのコンテンツは映像や音楽に該当しないので刑事罰には問われません。

ただしコンテンツそのものはすべて著作権がありますので、著作権者に無断でアップロードされたものをダウンロードした場合は著作権違反になりますから注意が必要です。

 

ではダウンロードしても問題ないコンテンツはどのようなものがあるでしょうか?

上に書いた違法ダウンロードというのは、「著作権者に無断でアップロードされたコンテンツ」でした。

ということは、

 

「著作権者自身または著作権者の許可を得た者がアップロードしている映像や音楽が合法コンテンツ」

 

ということになります。

 

わかりやすく言うと、テレビ番組などはテレビ局(著作権者)自身がアップロード(配信)しているコンテンツ(映像や音楽)なのでこれをダウンロード(録画)する行為は違法ではありません。

(ただし音楽番組などはグレーゾーンです)

YouTubeで言うと、アーティスト自身の公式ページにあるpv動画、

ここでいうVEVO動画なども著作権者に許可を得てアップロードしているコンテンツなので合法と言えるでしょう。

注意しておかなければならないのは、法的には問題なくてもYouTubeの利用規約に反している場合があることです。

 

ユーチューブの利用規約はどうなっているでしょうか?

 

ユーチューブ利用規約(コミュニティガイドライン)
このページの中段あたりにYouTubeにおけるコンテンツの使用について制限があります。

 

抜粋すると

 

5. お客様によるサイト上のコンテンツの使用

B,~中略~、
参考目的での個人的な利用のためにのみアクセスすることができます。お客様は、「ダウンロード」または同様のリンクが本コンテンツについて本サービス上でYouTubeにより表示されている場合を除き、いかなる本コンテンツもダウンロードしてはなりません。~中略~

 

とありますね。

なので基本的にはダウンロードしてはいけません。

ただ細かい話をすると、YouTubeはGoogleが運営していますが、そのGoogleが推奨しているwebブラウザで「Google chrome」というものがありますね。

そのGoogle chromeの拡張機能として、YouTubeの画面にダウンロードボタンを設置することができる拡張機能があるんです。

ここで説明している方法です。

 

7

 

このダウンロードボタンはYouTubeの利用規約の中の

「ダウンロードまたは同様のリンクが本コンテンツについて本サービス上でYouTubeにより表示されている場合」

に該当するといっていいと思いますので、ダウンロードしてもOKだと言えるでしょう。

 

ただやはり、この辺りは結構グレーゾーンなので、ダウンロードするかしないかは

個人の判断に委ねます。

追記
※現在、ダウンロードボタンを設置できる拡張機能が使えなくなっています。
グーグルとしてもダウンロードの罰則化が施行されてから規約の見直しや方針を転換したのかも知れません。
ということで動画をダウンロードした場合、ユーチューブ利用規約(コミュニティガイドライン)に抵触するおそれがあるので、この辺を理解した上でソフトの利用をお願いします。

一応注意書きです。

>>免責事項



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!